Loading

2007年製作のChlousseです。STOPの症状が出るという事でメンテナンスに帰ってきました。一見、遅れも無く作動していましたが、何かのタイミングで(置いた角度で)止まってしまいました。おそらくテンプの辺りの不具合だと思われるのでムーブンメントを新しく入れ換える事にしました。このときはまだWベルトの抜き型を作って無かったので「手断ち」でした!カーブ(アール)を出すのに苦労していたのを憶えています。文字盤はご希望でオレンジです。

3 thoughts on “里帰り品

  1. つい先日真鍮アレルギーのためベルト交換を頼んだものですが、きちんと配慮がしてあり、嬉しかったのですが、以前のよりベルトが長く、一番近い穴にいれても時計がくるくる回ってしまい、使いずらいのですが、直していただけますか?また時計盤近くに真鍮があるデザインが気に入っていたので、真鍮を皮1枚だけ打ってその下に皮を入れ込んで縫ってもらう感じにしてもうらのは可能でしょうか?
    本当は画像を載せたいのですが、投稿の仕方がわからないので文章で失礼します。
    宜しくお願いします。

  2. お時間いただいて申し訳ありませんでした。傷みも少なく、大切に使って頂いているが分かります。ありがとうございます。これからも大切にしてやって下さい。

  3. 修理ありがとうございます。修理の間、手元になくさびしかったです。大阪でもがっちゃんの時計は、大人気です。見ず知らずの方からどこで売っているのですか?とよく問われることもあり、今後このホームページを紹介しまーす。また、会える日を楽しみにしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Top