Loading

最近良くある修理なのですが、磁場によって時刻が狂う事があります。Quartz時計の場合、内蔵のコイルに影響しSTOPしてしまいます(GO&STOPを繰り返すので遅れたようにも見えます)。試しにパソコンのディスプレイの上に(うちの場合真ん中)置くと、見事に止まりました。他に磁場が強いのは、スピーカーやTV、携帯電話などが考えられます。音声を出すもの(スピーカー)には磁石が用いられているので、当然です。

機械式時計の場合はなぜか進み傾向が強くなるそうです。Quartzは磁場環境から解放されると遅れも解消しますが(強く・長く影響を受けると壊れてしまうので解消しない場合もあります)、機械式時計は一度磁気を帯びてしまうと磁気抜きという作業をしなければ改善されないので厄介です。

手作り時計の宿命でしょうか、IWCやROLEXのように耐磁機能を付加する事は難しいです・・・・。

磁場から5cm以上離せば影響を受けないそうなので、皆さん保管にはくれぐれも気をつけて下さい。5cmと言わず、出来るだけ離れたところで保管・使用される事をお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Top