Loading

もうすでに一月も終わりになりますが、今年もよろしくお願いいたします。こちらの時計はJackにガラスの風防を搭載するためにベゼルを加工しました。ぱっと見はDobinですがサイドはJackです。ベゼルには新規の銅材を採用しました。これにより横から見たときにフロントレンズが滑らかに膨らんで見えます。ガラスの風防はやはり存在感がありますね。すでにあきらめていますが、写り込みが激しいので写真に撮るのは難しいです。そのぶん光り輝いて見えるのがおわかりいただけますでしょうか?視認性で言えば、時刻を読みづらくなるのはマイナスですが、ディスプレイしていると皆さんまずガラス風防の時計に引き寄せられますから。20個あまりあったガラス風防もどんどん減ってきました。次のロットの発注をする準備を始めます。

新作のPeter(ピーター)です。Robertより若干外径を大きくし、ベルトは3mm細めました。
新作のPeter(ピーター)です。Robertより若干外径を大きくし、ベルトは3mm細めました。
Dobinのシリーズにガラスのフロントレンズを搭載するとこんな感じになります。品川エキュートで会った方の提案で作ってみました。迫力が増しています。
Dobinのシリーズにガラスのフロントレンズを搭載するとこんな感じになります。品川エキュートで会った方の提案で作ってみました。迫力が増しています。
JackのAutomatic搭載機です。表面には銅材を使っているので使用感が増すとどんどんカスタマイズされていくでしょう。
JackのAutomatic搭載機です。表面には銅材を使っているので使用感が増すとどんどんカスタマイズされていくでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Top