外資系企業で働くメリット

外資系企業は日本企業に比べて給料が1、2割ほど高いというメリットがあります。外資系企業は実績によって給与が決まる成果主義を採用しているところが多いので、日本企業のように年齢を重ねるだけで昇給できるわけではありません。しかし自分がやった分だけ収入をもらうことができる為、若くても優秀な人は外資系企業で働くと高収入を得ることができます。さらに外資系企業は男女による差別がないので、女性にも平等に出世するチャンスが与えられます。他にも外資系企業で働いて実績を積み上げていけば、本社への異動など海外で働く機会を得られます。グローバルに活躍したい方には、最適な職場であるといえるでしょう。自主性や創造性を重んじる外資系企業は、型にとらわれない働き方をしたい方におすすめです。

外資系企業で働くデメリット

外資系企業は高収入な反面、業績が悪化するとすぐにリストラされてしまう恐れがあります。したがって雇用に関して安定性が低いという点がデメリットの一つといえるでしょう。期待されている成果が出ない時も注意が必要です。外資系企業はプロセスよりも結果を重視する傾向が強いので、結果を出せないとリストラ候補の対象になってしまうからです。人材の入れ替わりが激しい点も外資系企業で働くデメリットの一つといえます。人材の流用性が高いので、上司がしょっちゅう変わってしまうケースもあり、上司が変わるたびに方針が変わってしまうこともあります。またマネジメントポジションは本国から送られてくる場合もあるので、現地採用だと出世がしづらいという点もデメリットといえます。

外資系転職を希望される方に役立つ資格が、TOEICです。日常会話だけでなく、ビジネス英会話にも重点を置いているので外資系企業には必要な知識になっています。