ここが違う!外資系企業の特徴とは?

一口に「外資系企業」と言っても、業種も規模も様々。そこで、外資系企業の大きな特徴をご紹介します。

まずは「企業自体の性格」です。日本国内に於いても其々の会社に於ける雰囲気は異なりますが、それが外資系となると尚更顕著に現れます。日本の企業では忌引きや療養の際に有給休暇の消化をするのも決して珍しくはありません。それに対し、外資系企業では休暇の取り方等は個人の意思をより尊重する傾向にあります。この事から、日本の企業は“企業が社員を管理する”性格、逆に外資系企業は“社員の意思で企業を管理する”性格を持つ事が伺えます。

外資系企業各々のメリット、デメリット

外資系企業に於ける性格を一言で示す言葉を思い浮かべるとするならば「自由」が真っ先浮かぶ人も多いのではないのでしょうか。

挨拶や清掃に至るまで社員教育を徹底し、いち社会人として人を育てる事に美徳を感じるような所がある日本の企業は、個人に合った教育方法を企業側が呈示してくれるような親切心があるのに対し、外資系企業というのはしのごの言うよりまずは実績を上げる事を最優先にする所も多いもの。力のある人は評価されやすく働きやすいでしょうが、失敗したり、実績を上げられないときは自ずと個人の責任として全てに於いて個人の考えで動かなければならない場合も出てくるです。

日本の企業から外資系企業に転職する際の注意点!

外資系企業を選択する際に、そもそもの性格が全く違う場所に転職するということを忘れないでください。業務に直接関係のない事に気をとられるより一番勝負したいところで堂々と渡り合える、という良さは外資系企業ならではです。実力があるのに業務面以外の部分がうまくいかず燻っている人には大変向いている企業と言えるのではないでしょうか。

外資系求人は日本企業と大きく違う点があります。それは英会話力の評価とリファレンスの提出です。日本は信用調査を会社が行いますが、外資系は応募者に元上司等のコメントを提出させます。これらの準備が重要です。