薬剤師とはどのような仕事?

薬剤師とは基本的に、薬を取り扱う仕事となります。働ける場所も非常に多く、院内薬局や通常の店舗である薬局、ドラッグストアなどで働く事が出来る職業となります。薬を管理する事から消費者の相談を受ける事、薬についてアドバイスをする事も仕事になります。調剤をする事もありますので専門的な知識とスキルがある証明の資格が必要になる職業です。

薬剤師に必要な資格とは

薬剤師は専門的な資格が必要になります。その資格を取得するためには薬学部を卒業する必要がありますので注意して下さい。誰でも簡単に取得が出来る資格ではありません。しっかりと大学の薬学部で勉強をして資格を取得した方だけが働ける仕事です。そのため、目指すには少々ではありますが難易度の高い職業にはなります。しかし、薬剤師はその分だけ雇用の待遇が良いとされているので目指す価値は十分にあるでしょう。

人材不足の時代はチャンス

薬剤師は今では人材が不足している職業です。そのため、就職をするには非常に有利な仕事であり良い待遇で雇用してくれる求人も多い傾向にあります。人材が不足している理由としては資格を取得するには難易度が高い事や、どうやっても取得に時間が掛かる事などがあります。しかし、資格を取得する事が出来たら働ける求人を選ぶ幅はとても広いものとなりますので好きな環境を選べます。給与や休日などこだわりの強い求人の探し方であっても、満足出来るだけの雇用環境を見つけられるのは薬剤師と言う資格の強みでもあります。

薬剤師のシニア求人は、調剤薬局やドラッグストアを中心に大々的に募集が行われることがあり、中でも短時間の勤務ができるところや、それほど経験を重視されない職場が選ばれる傾向があります。