Loading

ChlousseのBRASS版の製作です。まずはフットに使うコマから。4mmの角柱を糸ノコで切り出して整えます。エッヂのきつい部分は製作中に隠れてしまうのでそれほど神経質にならなくてもいいのですが、長さだけは合わせておきます。

BRASS(真ちゅう)で作ります。もちろん銀のクラウスは銀で作ってます。すでに必要な部分はくり抜いています。
BRASS(真ちゅう)で作ります。もちろん銀のクラウスは銀で作ってます。すでに必要な部分はくり抜いています。
一度ムーブメントを組み込んでみます。ここで穴の位置やその他に不都合が無いかチェックします。特に気を使うのは文字盤自体がムーブメントキツくもなくユルくもない状態でハマるかどうかです。ユルいと針載せのときに苦労しますし、キツいといらない圧力をムーブメントにかけることになります。
一度ムーブメントを組み込んでみます。ここで穴の位置やその他に不都合が無いかチェックします。特に気を使うのは文字盤自体がムーブメントにキツくもなくユルくもない状態でハマるかどうかです。ユルいと針載せのときに苦労しますし、キツいといらない圧力をムーブメントにかけることになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Top